ニュース&トピックス

趙誠峰弁護士が代理人をつとめた個人タクシー経営許可申請却下処分取消訴訟において、国がした経営許可申請却下処分を取り消すとともに、国に対して原告の個人タクシー経営許可を義務づける判決が言い渡されました。

当事務所の趙誠峰弁護士と当事務所アソシエイト弁護士として所属していた清水秀俊弁護士が代理人をつとめた個人タクシー経営許可申請却下処分取消訴訟において、2017年12月7日、東京地方裁判所は原告の請求を全面的に認容し、国がした経営許可申請却下処分を取り消すとともに、国に対して原告の個人タクシー経営許可を義務づける判決を言い渡しました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24385530X01C17A2CR8000/
http://digital.asahi.com/articles/ASKD75T4QKD7UTIL041.html

この事件は当事務所が行っているコモンズ・エクスターンシップ・プログラムで早稲田大学ロースクールの学生と弁護士とが協働して取り組んだ事件です。

弁護士採用のご案内(第71期司法修習生対象)

当事務所では、早稲田大学大学院法務研究科修了の第71期司法修習生の方々のうち、2~4名程度をアソシエイト弁護士として募集いたします。

本プログラムの詳細について、下記のとおり説明会を開催いたします。
【日時】第71期司法修習生採用説明会
第1回説明会2017年10月22日(日)10:30-11:30
第2回説明会2017年10月23日(月)19:00-20:00
各回とも同内容となります。
【場所】
早稲田リーガルコモンズ法律事務所
〒102-0074
東京都千代田区九段南1-6-17千代田会館4階
Tel : 03-6261-2880 FAX : 03-6261-2881

詳細・お申込みはこちら

四宮啓弁護士が当事務所のシニアカウンセルに就任しました。

 早稲田リーガルコモンズ法律事務所は、2017年10月1日より、四宮啓(しのみやさとる)弁護士をシニアカウンセルとして迎えました。四宮弁護士は1981年に弁護士登録(33期)し、刑事弁護をはじめとした訴訟事件を専門に扱ってきました。日弁連司法改革調査室長として司法制度改革に尽力し、また、早稲田大学法科大学院客員教授、國學院大學法科大学院教授として後進の指導にも取り組んできました。四宮弁護士の参画を得て、当事務所の提供サービスに一層の幅と深みを加えることが出来ると考えております。

当事務所弁護士4名が、早稲田大学エクステンションセンターにおいて、 『弁護士が教えるビジネス法務』と題するセミナーを開催します。

当事務所弁護士4名が、早稲田大学エクステンションセンターにおいて、
『弁護士が教えるビジネス法務』と題するセミナーを開催します。

第1回 2017年9月2日「会社における不祥事対応-社内・社外対策」竹内 彰志
第2回 2017年9月2日「知的財産の管理-著作権」尾谷 恒治 
第3回 2017年9月9日「会社の労務ルールに詳しくなる(1)-労務管理・就業規則の役割」髙田 優児
第4回 2017年9月9日「会社の労務ルールに詳しくなる(2)-退職に伴う問題・解雇・競業禁止義務」佐藤 亮

弁護士が教えるビジネス法務

当事務所の弁護士らにより執筆された 『この1冊でわかる! 「改正民法」要点のすべて』(日本実業出版社) が出版されました。

当事務所の弁護士らにより執筆された『この1冊でわかる! 「改正民法」要点のすべて』(日本実業出版社)が出版されました。

ご購入はこちらから

【執筆弁護士】
森山 裕紀子 序章、第1章担当
村方 善幸  第2章担当
髙田 優児  第3章担当
水橋 孝徳  第4章担当
福田 健治  第5章、第7章(92~94ページ)担当
佐藤 亮   第6章(70~79ページ)担当
三枝 充   第6章(80~90ページ)担当
齊藤 裕也  第7章(95~104ページ)担当
松本 武之  第8章(106~113ページ)担当
原島 有史  第8章(114~122ページ)担当
朝倉 理紗  第9章担当
渥美 優子  第10章担当
尾谷 恒治  第11章担当
竹内 彰志  第12章(156~163ページ)担当
髙橋 宗吾  第12章(164~171ページ)担当

趙誠峰弁護士が弁護人をつとめた事件で、一部無罪(幇助への認定落ち)の判決を獲得しました。

趙誠峰弁護士が弁護人をつとめた逮捕監禁致傷、拐取者身代金要求等被告事件(裁判員裁判)で、共謀共同正犯という検察の主張が排斥され、幇助犯にとどまるとの弁護人の主張が認められました。懲役9年の求刑に対し、懲役3年執行猶予5年の判決が下されました。
裁判員裁判における弁護技術を活かし、「正犯か幇助犯か」という難しいテーマについて裁判員の方々を説得し、良い結果を得ることができました。

当事務所所属弁護士が「人材育成Program2017『医事課職員が理解しておくべき法的知識勉強会』」として、医療機関向けの連続セミナーを実施します。

佐藤亮弁護士、村方善幸弁護士、趙誠峰弁護士、森山裕紀子弁護士、松本武之弁護士が、
「人材育成Program2017『医事課職員が理解しておくべき法的知識勉強会』」(埼玉県医事研究会主催)として、医療機関向けの連続セミナーを実施します。

第1回 5月20日  医療未収金の予防・管理・回収 (佐藤亮)
第2回 6月17日  病院における個人情報の取扱いルール・開示請求への対応(森山裕紀子)
第3回 7月15日  モンスターペイシェント・クレーマーへの実践的対応 (松本武之)
第4回 8月19日  管理者が知っておくべき労働法 (村方善幸)
第5回 9月23日  ハラスメントの判断基準と病院の対応 (佐藤亮)
第6回 10月21日 医療事件の進み方と病院の対応 (趙誠峰)

参加を希望される方は、当事務所HPお問合せフォームより、『医事課職員が理解しておくべき法的知識勉強会』参加希望と明記の上、①氏名②ご連絡先メールアドレス③参加希望回をご連絡ください。

福田健治弁護士が執筆した「イスラム圏7カ国からの入国を停止する大統領令の合憲性――ワシントン州対トランプ事件控訴審命令(抄訳)」が、法律時報2017年5月号(日本評論社)に掲載されました。

福田健治弁護士が執筆した「イスラム圏7カ国からの入国を停止する大統領令の合憲性――ワシントン州対トランプ事件控訴審命令(抄訳)」が、法律時報2017年5月号(日本評論社)に掲載されました。
http://www.nippyo.co.jp/shop/magazine/7432.html

森山裕紀子弁護士が実務家支援セミナー『改正個人情報保護法への実務対応~5月30日施行』を行います。

森山裕紀子弁護士が、平成29年5月25日、実務家支援セミナー『改正個人情報保護法への実務対応~5月30日施行』(主催:新日本法規出版株式会社 協賛:一般財団法人 新日本法規財団)を、TKP神田ビジネスセンターANNEXホールにて行います。
詳細はこちらをご確認ください。

相続・遺言の特設ページ 刑事事件の特設ページ 採用情報はこちらから

早稲田リーガルコモンズ
法律事務所

〒102-0074
東京都千代田区九段南1-6-17
千代田会館4階

Tel : 03-6261-2880

Fax : 03-6261-2881

受付時間平日9:30-20:00