河﨑 健一郎

代表パートナー 東京弁護士会所属

2008年に弁護士登録。2013年の当事務所創設以来、代表弁護士として経営の責任者を務める傍ら、主に中小規模の事業者をクライアントとした法律顧問業務に多く取り組んでいる。コンサルティング会社を経て弁護士の道に進んだ背景を持ち、また自身でも事業に取り組んだ経験があることから、経営者の心情に寄り添った伴走型の支援を心掛けている。社会におけるコミュニティ形成を通じた「コモンズの再生」をライフワークとしており、多くの公益団体、NPO等で役員を務めるほか、2020年からは世田谷区参与(行政経営、CIO補佐)として地方公共団体のDXを通じた社会課題の解決にも取り組んでいる。

略歴

1999年 : 早稲田大学法学部卒業
同年 : アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア株式会社)入社
2004年 : 同社退社
2007年 : 早稲田大学法科大学院修了
2008年 : 弁護士登録(61期)
東京駿河台法律事務所で勤務の後、2013年3月当事務所参画

主なクライアントの業種

輸入卸、小売、不動産賃貸、美容、コスメティクス、情報サービス、ソフトウェア開発、ブロックチェーンシステム開発、ドローン製造、共済、食品、農業、経営コンサルティング、医療法人、福祉関連、ヨガスタジオ、古物商、広告、マーケティング、出版、ネット通販、テレビ通販、会計事務所、起業支援会社、地方自治体、街づくり会社、学校法人、協同組合、一般社団法人、財団法人及びNPO法人等

得意分野

コンサルタント会社での経験を背景に、中小規模の事業者、特に同族企業の経営者の方々の経営相談全般(契約、事業計画、人事労務、債権管理など日常の経営相談から、不祥事対応、事業承継まで)に対応しています。

役職、所属団体等

世田谷区参与(行政経営、CIO補佐)
早稲田大学臨床法学教育研究所客員研究員
特定非営利活動法人山友会理事
特定非営利活動法人日本NPOセンター監事
一般社団法人つくろい東京ファンド監事
一般社団法人いのち支える自殺対策推進センター監事
日本ペンクラブ平和委員会委員
稲門法曹会常任理事
ソーバル株式会社 社外監査役

著作等

「原発避難白書」(執筆、人文書院、2015年)
「高校生からわかる 政治の仕組みと議員の仕事」(共著、トランスビュー、2013年)
「避難する権利、それぞれの選択」(共編著、岩波書店、2012年)
「3・11大震災 暮らしの再生と法律家の仕事」(共編著、日本評論社、2012年)
「国家と情報」(共編著、現代書館、2011年)
「ブロックチェーンと個人情報保護(上)(下)」(共同執筆、NBL、2019年)
「法曹養成制度の岐路」(執筆、法律時報、2020年)
「弁護士CASE FILE 1」(編著、朝陽会、2021年)
「まるわかり!電子印鑑 2021年度版」(共同執筆、白秋社、2021年)
「NFT1.0→2.0」(共同執筆、総合法令出版、2022年)
「弁護士のススメ」(共同執筆、民事法研究会、2022年)
ほか

・イノベーションと法律との交差を検討するPodcast番組「明日の法律研究所」を配信中(https://anchor.fm/future-of-law

コラム

使用言語

日本語

Contact Us

法律相談・お問い合わせ

Tel : 03-6261-2880

受付 平日9:30-20:00

News & Columns

ニュース・コラム