原島 有史 - 早稲田リーガルコモンズ法律事務所
原島 有史パートナー 第二東京弁護士会所属

過労死・過労自死・過労やハラスメントに伴う損害賠償請求事件等の労働者側事件のほか、社内の各種規程類の整備、問題社員への対応、ハラスメント等の事実調査など幅広い労働問題に対応できる弁護士である。
特に過労死問題の実績は顕著であり、数多くの過労死・過労自死案件(以下「過労死事件」という)において遺族側代理人として解決に導いている。ワタミ事件の労働者側代理人弁護士も務めた。
過労死事件等の重大事件を通じて学んできた、「どうすればこのような事故は起きなかったのか」「ハラスメント対策を実施する際にどこがネックになるのか」「職場環境を改善するためにはどうすればよいか」といった観点からのアドバイスを企業側に提案している。
また、個別労働紛争では労働の実態を把握するための証拠の収集が困難であることも多いが、粘り強い姿勢と豊富な法的知識を駆使し、徹底した証拠収集作業を行う。過労死事件におけるご遺族の要望に真摯に対応し、金銭面のみにとらわれることなく、事案解明や企業側の謝罪、労働環境改善等、様々な解決方法を追求する弁護方針を取る。そのような柔軟かつ問題の本質を見失わない弁護姿勢は、事件に直面した従業員やその遺族からの厚い信頼に結びついている。
一方、地域の福祉事務所やNPO法人等と連携し、介護事故問題、生活困窮者支援といった福祉問題や、LGBTIQに関連する法務にも積極的に携わっている。同性婚を認める社会を目指すNPO法人であるEMA日本において理事を務める。

略歴

2004年
青山学院大学法学部私法学科卒業
同年
ブラザー興業株式会社入社
2006年
同社退社
2009年
早稲田大学法科大学院修了
2010年
弁護士登録
アンダーソン・毛利・友常法律事務所勤務
2012年
都内の一般民事法律事務所に勤務
2013年
当事務所参画
2016年
青山学院大学大学院法務研究科助教(2020年8月まで)

主なクライアントの業種

ペストコントロール企業、社会福祉系企業、特定非営利活動法人(NPO法人)等

得意分野

企業における労働問題及びベンチャー支援その他の企業法務全般。
離婚に関する相談、遺言書の作成及び執行。
福祉分野における被援助者のサポート、福祉施設職員との連携及び対応。
LGBT支援。

役職、所属団体等

第二東京弁護士会 綱紀委員会委員
東京過労死弁護団 会計監査役
NPO法人EMA日本 理事
公益社団法人Marriage For All Japan 監事

ひとこと

法律は、社会にいるすべての人を縛るルールであると同時に、すべての人を支えるツールでもあります。企業における経営判断においても、個人の人生を左右する決定においても、法律の知識というのは想像以上に役に立つものです。
「問題に直面してはいるけど、誰に何をどう相談したらいいのかわからない」というときは、ぜひ一度ご来所ください。直面する状況で、どこにどのような問題があるのかを整理・分析することも、我々弁護士がご提供できるリーガル・サービスの一つです。