水地 一彰

公認会計士

2008年に公認会計士試験合格。2011年に公認会計士登録。2015年米国公認会計士試験合格。2022年に税理士登録。 2007年から2017年まで主に日本の大手上場企業の会計監査、ニューヨーク証券取引所上場企業の会計監査に関する実務を経験。そのうち2012年から2015年の3年間は大手化学メーカーの主計部に出向。上場企業の経理財務業務を経験。 2017年から2019年まで経済産業省に出向。主に事業再生、事業再編、ベンチャースタートアップの領域における法改正、税改正要望含めた政策の企画・立案業務に従事。 2019年から2022年までスタートアップのIPO支援に従事した後に独立し、web3スタートアップを支援。

略歴

2003年明治大学商学部卒業
2007年新日本監査法人(現:EY新日本有限責任監査法人)入所
2017年経済産業省経済産業政策局入省
2019年EY新日本有限責任監査法人入所
2022年水地一彰公認会計士税理士事務所設立
2023年早稲田リーガルコモンズ法律事務所と業務提携

得意分野

暗号資産、NFT、ベンチャーファイナンス、IPO、M&A、事業再生、国際税務

役職、所属団体等

日本公認会計士協会
東京税理士会

ひとこと

ブロックチェーン技術を中核にしたweb3と呼ばれる領域は法律、税務、会計といった社会制度の整備が追い付いておらず、それぞれのリスクが極めて高い領域です。この領域における法律、税務、会計のワンストップサービスを提供させていただくために早稲田リーガルコモンズとご一緒することになりました。どうぞよろしくお願いいたします。

News & Columns

ニュース・コラム