2013年8月19日

福田健治弁護士、河﨑健一郎弁護士の執筆記事『「被曝を避ける権利」はなぜ具体化しないのか─たなざらしにされる「原発事故子ども・被災者支援法」─』が岩波書店「世界」2013年9月号に掲載されました。

福田健治弁護士、河﨑健一郎弁護士の執筆記事『「被曝を避ける権利」はなぜ具体化しないのか─たなざらしにされる「原発事故子ども・被災者支援法」─』が岩波書店「世界」2013年9月号に掲載されました。

【記事概要】
福島原発事故の被災者たちの生活支援を目的とし、「被曝を避ける権利」の確立を目指した「原発事故子ども・被災者支援法」が、2012年6月に超党派の議員立法で成立してから、すでに1年以上が経つ。
法の内容を具体化するための「基本方針」はいまだ策定されず、実質的に「たなざらし」の状態が続く。
こうした中、福島などからの自主避難者たちは、ますます追い詰められ、また福島に暮らす人たちも子どもの健康など心配は絶えない。
なぜ、法の具体化が進まないのか。
政府・行政の果たすべき役割を整理し、市民、被災者の声を反映させて、法の実質化を進める方策を提示する。

リンクはこちら

Share on