NFTを活用した日本初の電子印鑑を、シヤチハタ株式会社、株式会社ケンタウロスワークスと共同開発することで合意しました。 - 早稲田リーガルコモンズ法律事務所

ニュース&トピックス

NFTを活用した日本初の電子印鑑を、シヤチハタ株式会社、株式会社ケンタウロスワークスと共同開発することで合意しました。

2021年08月18日

当事務所は、シヤチハタ株式会社(代表取締役社長 舟橋 正剛  本社:愛知県名古屋市)、株式会社ケンタウロスワークス(代表取締役:三枝充弁護士)と、ブロックチェーンを利用した電子印鑑システム「NFT印鑑」を共同開発することで合意しました。

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」のことで、「NFT印鑑」は、印影データをNFT化することで、印鑑保有者の情報と印影情報を結び付けた、固有性を持つ電子印鑑です。押印された印影から押印者を証明するだけでなく、従来の電子印鑑が抱えていた印影の偽造リスクの問題を、ブロックチェーンの特徴である改ざん耐性を活用して解決します。

当事務所の法的知見をもとに、シヤチハタが長年培ってきた電子印鑑に関わるノウハウをベースにケンタウロスワークスの持つブロックチェーン技術を取り入れ、さまざまな電子契約システム間で利用できるサービスとして提供してまいります。