尾谷恒治弁護士、高田優児弁護士、福田健治弁護士が参加する弁護団が代理人となり、宮城県丸森町筆甫地区の住民698名が和解仲介申立てを行いました。 - 早稲田リーガルコモンズ法律事務所

ニュース&トピックス

尾谷恒治弁護士、高田優児弁護士、福田健治弁護士が参加する弁護団が代理人となり、宮城県丸森町筆甫地区の住民698名が和解仲介申立てを行いました。

2013年05月22日

5月21日、宮城県の最南部にある丸森町筆甫地区の住民698名が、福島第一原発事故により大きな被害を被ったにもかかわらず東京電力の賠償は不十分であるとして、隣接する福島県伊達市や相馬市と同様の賠償を求めて、原子力損害賠償紛争解決センターに和解の仲介を申し立てました。当事務所の尾谷恒治弁護士、高田優児弁護士、福田健治弁護士が参加する筆甫地区弁護団が代理人を務めています。

リンクは以下をご参照ください。
ワシントンポスト紙:英語

Main Menu

メインメニュー

Practice Areas

取扱業務別特設ぺージ

News & Columns

ニュース・コラム