2014年7月11日

趙誠峰弁護士の参加した対談記事『座談会「黙秘をどのように活用するか」―具体的説例から考える』及び,執筆記事「本邦で初めて開示証拠の目的外使用の罪で起訴され有罪になった事例」が季刊刑事弁護79号に掲載されました。

趙誠峰弁護士の参加した対談記事『座談会「黙秘をどのように活用するか」―具体的説例から考える』及び,執筆記事「本邦で初めて開示証拠の目的外使用の罪で起訴され有罪になった事例」が季刊刑事弁護79号(2014.7.20号,現代人文社)に掲載されました。

リンクはこちら(現代人文社ホームページ)

Share on