稲村宥人弁護士が、メディア・コンテンツ業界 DX 推進コンソーシアム団体「Japan Contents Blockchain Initiative」著作権流通部会の副部会長に就任いたしました。 - 早稲田リーガルコモンズ法律事務所

ニュース&トピックス

稲村宥人弁護士が、メディア・コンテンツ業界 DX 推進コンソーシアム団体「Japan Contents Blockchain Initiative」著作権流通部会の副部会長に就任いたしました。

2021年03月10日

稲村宥人弁護士が、メディア・コンテンツ業界 DX 推進コンソーシアム団体「Japan Contents Blockchain Initiative(以下「JCBI」といいます。)」の著作権流通部会にて副部会長に就任いたしました。
JCBIは、コンソーシアムブロックチェーン技術を活用した共同運営型のプラットフォームにより、日本のメディア・コンテンツ業界のデジタルトランスフォーメーションを業界横断で加速するための企業連合コンソーシアム団体です。株式会社電通・株式会社博報堂をはじめとする11社が会員企業として加入しています(2021年3月時点)。

この度、JCBIはブロックチェーン技術を活用してメディア・コンテンツ業界におけるDX化を推進すべく、知的財産法務に造詣の深い骨董通り法律事務所の岡本健太郎弁護士を部会長として「著作権流通部会」を立ち上げ、同部会の副部会長に弊所の稲村宥人弁護士が就任することとなりました。

稲村宥人弁護士は、同部会において部会長を補佐するとともに、主にブロックチェーン技術の社会実装にかかる法的知見の提供を担当する予定です。

今後、同部会では、ライセンス業務の実態把握や業務の中の課題の洗い出し、ブロックチェーン技術を利活用したライセンス業務のデジタルトランスフォーメーションに向けた具体的な実施施策の検討等を行ってまいります。

部会内容は逐次JCBIのホームページに掲載される予定です。
JCBI及び部会の詳細については以下のJCBIのホームページを御覧ください。
https://www.japan-contents-blockchain-initiative.org/information/119-dx-japan-contents-blockchain-initiative