福島 健史 - 早稲田リーガルコモンズ法律事務所
福島 健史ジュニアパートナー 東京弁護士会所属

略歴

2005年
福岡県立修猷館高校 卒業
2007年
University of Warwick (UK) 留学
2010年
早稲田大学国際教養学部 卒業
2013年
早稲田大学法務研究科 修了
2015年
弁護士登録(68期)
2018年
外資系証券会社コンプライアンス部へ出向
2018年
出向先より事務所に復帰
2020年
早稲田大学大学院法務研究科非常勤講師に就任(海外からの留学生向け講義担当)

得意分野

ソーシャルビジネス・再生可能エネルギー事業などソーシャルグッドビジネスへのリーガルサポート(英文契約を含む契約書の作成及びレビュー、商標・労務対応などの企業法務全般)、証券コンプライアンス業務、法務部サポート、新規事業構築サポート、エンターテイメントビジネス法務、企業の危機管理対応

役職、所属団体等

・早稲田大学大学院法務研究科 アカデミックアドバイザー
・稲門法曹会
・ファイナンス稲門会
・医薬品の臨床試験に関する治験審査委員会委員

著作等

・早稲田大学エクステンションセンター「弁護士が教えるビジネス法務―改正民法のポイント」にて「契約の成立と解除ー損害賠償、解除、定型約款、保証」を担当。
・新型コロナ対策支援カード:多言語化ページの作成に参加。
・東京法律相談連絡協議会主催の「大使館・領事館職員と弁護士会とのセミナー・意見交換会」にて、セミナー「新型コロナウイルス対策のための公的支援等」を実施。
・イノベーションと法律との交差を検討するPodcast番組「明日の法律研究所」を配信中(https://anchor.fm/future-of-law

ひとこと

これまで、再生可能エネルギー分野や資金決済法関連の事業創造支援、ソーシャルインパクトのある会社の法務サポート(法務部の組織化、法務部員としての業務遂行、役員・部内向けのセミナー)、証券コンプライアンス(英語による業務)の経験を積んでまいりました。それと同時に、民事事件・刑事事件に携わってまいりました。
「ともに5年後、10年後の社会を作っていくパートナー」として、社会をよりよく変えていくためのサポート/イノベーションを続けてまいりたいと思っております。