髙橋 宗吾

Sogo Takahashi

京都支部代表弁護士 京都弁護士会所属

自分の手が届く人の助けになりたいという思いで弁護士になりました。

交渉の場であれ、法廷の場であれ、常に依頼者にとって最善の結果を目指すべく技術を磨いています。

刑事弁護の分野では、尊敬する刑事弁護士の背中を追いかけ、弁護士1年目から法廷に立ち続けてきました。法廷での私の言葉1つで依頼者の人生が大きく変わるという責任を受け止めながら、どんな事件でも結果を追い求めていきます。

また、「自由」が本当の意味で尊重され、誰しもが享受できる社会を目指し、私自身も当事者として活動していきます。

同じ志を持つ事業者・企業のみなさまの法務サポートにも力を入れております。ときに、依頼者・弁護士という関係を超えて手を携え、自由な社会の実現を目指していきましょう。

略歴

2008年 早稲田実業学校高等部卒業

2012年 早稲田大学法学部卒業

2014年 早稲田大学大学院法務研究科修了

2015年 第二東京弁護士会にて弁護士登録(68期)

    早稲田リーガルコモンズ法律事務所 入所

2018年 早稲田大学法務教育研究センター助手

2021年 当事務所設立(京都弁護士会へ移籍)

役職・所属団体等

K-Ben NextGen 運営

日本弁護士連合会 刑事弁護センター 法廷技術小委員会

日本弁護士連合会 刑事弁護センター 情報戦略室

刑事弁護フォーラム 事務局

現代人文社「季刊刑事弁護」編集委員

早稲田大学 校友会組織委員会 委員

早稲田大学 稲門法曹会 事務局監事

早稲田大学 2012年次稲門会 幹事長

得意分野

裁判員裁判を含む刑事弁護、寺社等の宗教法人法務、エンターテインメント法務

個人事業主・中小企業の法律顧問業務

損害賠償請求事件などの訴訟対応

著作等

著作

『この1冊でわかる!「改正民法」要点のすべて』日本実業出版社,2017(共著)

『情状弁護アドバンス』現代人文社,2019(共著)

論文等

「改正民法のポイントと未収金対策」(『医療事務』No.581,産労総合研究所)

「「新型コロナウイルス感染症」感染拡大下における医療機関の労務問題」(『医療事務』No.586,産労総合研究所)

監修

映画『ファーストラヴ』(KADOKAWA,堤幸彦監督,2021年製作)(法律監修)

Meet Our Team

他の所属弁護士のプロフィールへ