齊藤 裕也パートナー 東京弁護士会所属

銀行・金融、不動産取引・管理、私募ファンドの組成・運営、M&A、企業再編・提携等の分野を中心に、企業を取り巻く様々な法的課題に関する助言から紛争処理まで、企業法務全般を幅広く取り扱う。
特に契約書作成や契約交渉の経験が豊富で、顧問業務をはじめ、合弁プロジェクトやM&A等の案件対応を通じて処理した契約書類は数千を超える。これら契約実務における確かな実績とノウハウを活かしながら、事業規模や業界を問わない幅広い顧客ニーズに対応する。また、前所属事務所時代を含め、これまでに国内の重要案件を含む数多くのプロジェクトファイナンス案件や不動産流動化案件に主導的に携わっており、この分野の案件対応に関しては当事務所随一の実務能力を誇る。
ハードワークを厭わず徹底的に細部まで見逃さない姿勢で、常に依頼者本位のリーガルサービスを徹底している。

略歴

2004年
中央大学法学部法律学科卒業
2008年
弁護士登録(61期)
東京青山・青木・狛法律事務所(現ベーカー&マッケンジー法律事務所)で勤務後、2013年3月当事務所参画
外資系金融機関への出向経験あり

主な顧問先の業種

銀行、投資ファンド、不動産業、発電事業、建設業、物流関係、ブライダル、靴の輸入・販売業、エステ・リラクゼーション・フットケア ほか

得意分野

銀行・金融法務、不動産取引全般、不動産の流動化・証券化、ファンド関連法務、M&A(デュー・デリジェンスを含む)、各種紛争案件その他企業法務全般。
一般民事・刑事案件にも精力的に取り組んでいる。

役職、所属団体等

中小企業庁経営革新等支援機関

ひとこと

人に頼ってばかりの人生だったからこそ、人のために最善を尽くす仕事がしたい。
そんな初心に立ち返って、ご相談にいらっしゃる全ての依頼者の皆様一人ひとりに誠実に向き合い、常に依頼者の皆様本位のリーガル・サービスの提供を心掛けています。
依頼者の皆様が直面するあらゆる法律問題の解決に向けて妥協しないことが私のモットーです。