三枝 充東京弁護士会

労働事件、IT関連法務、企業法務、相続・事業承継、債権回収などを取り扱う。
特に労働者側での労働事件について豊富な経験を有しており、そこで培った交渉技術、法廷技術は、他分野の会社紛争などにおいてもいかんなく発揮されており、タフネゴシエーターとしての評価も高い。
一方、企業に対するサービスにおいては、単なる法律顧問業務ではなく、事業計画や経営計画にも参画するなどリーガルコンサルタントとしての役割まで果たす。元ゲームプランナーという経歴を生かし、IT関連法務についての造詣も深く、近年ではブロックチェーン、仮想通貨、AI関連法務に積極的に取り組み、当該分野において実務経験を有する数少ない弁護士である。

略歴

1999年
神戸大学法学部卒業
卒業後、ゲームソフトウェア制作会社に入社(ゲームプランナー)。同社退職後、厚生労働者に入省し、2003年に退省
2004年
早稲田大学法科大学院入学
2007年
早稲田大学法科大学院修了
2008年
弁護士登録(61期)
旬報法律事務所に入所
2017年1月
当事務所参画

得意分野

労働事件、企業法務(M&A、会社設立・事業計画支援など)、IT関連業務、不動産関連業務、破産・債務整理、税務相談(税理士法51条に基づく税理士資格)、家事事件(相続、離婚)、その他民事事件、刑事事件

役職、所属団体等

日本労働弁護団
日本労働法学会
早稲田大学法科大学院アカデミックアドバイザー
早稲田大学エクステンションセンター講師

ひとこと

民間企業や公務員を経て弁護士になりました。全ての依頼者の方に「一期一会」の気持ちで取り組み、自分ができる最高の仕事を提供できるよう心がけています。個人の依頼者の方に対しては、上から指導するのではなく、一緒に事案に取り組み、真に満足できる結果を出せるよう力を入れています。また、企業の依頼者の方に対しては、紛争時にだけ関与するのではなく、事業計画や経営計画にも参画し、リーガルコンサルタントとして力になれるよう取り組んでいます。