松本 武之パートナー 第一東京弁護士会所属

中小企業法務(契約、労働問題、債権回収等)、反社会的勢力対応・危機管理、破産等の倒産処理事件を主に扱う。
弁護士資格取得後、反社会的勢力対応については一貫して取り組み続けており、現在は第一東京弁護士会民事介入暴力対策委員会副委員長を務めるなど、当該分野において豊富な実務経験と事件処理能力を誇る。反社会的勢力対応においては相手に怯まない度胸と柔軟な対応が必要となるが、それらを兼ね備えたタフネゴシエーターである。
また、民事介入暴力の経験により培った大胆かつ丁寧な仕事ぶりは、破産事件処理、債権回収など現場対応力が必要な事件においていかんなく発揮されており、顧客からの評価も高い。
一方、顧問先にはエンターテインメント分野に関する企業も多く、エンターテイメント法に関する経験も有するなど、多種多様な分野に柔軟に対応できる弁護士である。

略歴

2004年
明治大学法学部卒業
2007年
法政大学法科大学院卒業
2008年
弁護士登録(61期)
光和総合法律事務所勤務
2013年
小伝馬町総合法律事務所設立
2016年
当事務所参画

得意分野

中小企業法務全般(契約、労働問題、債権回収等)、反社会的勢力対応・危機管理、破産等の倒産処理事件、エンターテインメント分野に関する法的アドバイス(著作権等)、一般民事事件(交通事故等の各種損害賠償、不動産紛争等)、刑事事件一般

役職、所属団体等

第一東京弁護士会民事介入暴力対策委員会副委員長(2017~)
第一東京弁護士会総合法律研究所倒産法研究部会委員
全国倒産処理弁護士ネットワーク
エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク

著作等

【書籍】
『調べる・読む・使いこなす!企業法務のための判例活用マニュアル』(共著)(中央経済社、2015)
【論文】
『定款暴排-株主からの反社会的勢力の排除に向けた検討(旬刊商事法務2075号)』(共著)(商事法務、2015)
【連載】
雑誌「医事業務」(産労総合研究所)にて「医療現場で役立つ法律Q&A」を連載中。

ひとこと

依頼者の利益の最大化のため、依頼者のおかれた状況やご要望を詳しく伺った上で、それぞれの場面に適したリーガルサービスを迅速に提供していきます。
まずは、お気軽にご相談ください。