小泉 恒平パートナー 東京弁護士会所属

一般民事事件、刑事事件、家事事件、中小企業の法的支援などを中心に取り扱う。
幅広い事件受任経験を有するが、交通事故及び裁判員裁判を含む刑事事件については、特に高い専門性を有しており、損害賠償事件の累計取扱件数は300件を超え、これまで取り扱った裁判員裁判も10件を超えるなど、民事損害賠償事件及び刑事事件のスペシャリストである。
そればかりでなく、大学時代は数学を専攻し集合論・数理論理学を研究していたことから、交渉を有利に運ぶための論理的な思考に長けており、どのような相手に対しても舌鋒鋭く交渉を行う。
刑事事件で培った闘うことをいとわない姿勢と、元来の卓越した交渉力により、損害賠償事件のみならず、債権回収、不動産関係事件、相続、労働事件、破産・債務整理等様々な紛争事件について高い問題解決能力を発揮している。

略歴

2003年
早稲田大学理工学部数理科学科卒業
2004年
早稲田大学法科大学院入学
2007年
早稲田大学法科大学院修了
2009年
弁護士登録(62期)
弁護士法人北千住パブリック法律事務所にて勤務。
2013年4月
当事務所参画

得意分野

裁判員裁判や否認事件を含む刑事事件。
労働、不動産関係、債権回収、債務整理、相続、離婚など一般市民や中小企業に関する法律問題や紛争解決全般。

役職、所属団体等

東京弁護士会 刑事弁護委員会委員
日本弁護士連合会 法科大学院センター幹事
刑事弁護フォーラム 事務局

ひとこと

公設事務所で、刑事事件を1つの柱に据えつつ、民事、行政、債務整理、相続など、バラエティーに富んだ多数の事件を担当しました。
あらゆる依頼者の権利や生活が守れるよう、最善のリーガルサービスを提供する努力をいたします。
まずは、お気軽にご相談ください。