川上 資人パートナー 東京弁護士会所属

略歴

2002年
早稲田大学商学部卒業
同年
青年海外協力隊(ニジェール共和国・村落開発普及員)
2005年
あしなが育英会
2013年
明治大学法科大学院修了
2015年
弁護士登録(68期)
東京共同法律事務所で勤務の後、2019年6月当事務所参画

役職、所属団体等

日本弁護士連合会代議員
東京弁護士会常議員
日本労働弁護団常任幹事・同事務局次長
交通の安全と労働を考える市民会議事務局

著作等

論文
「労働者保護のあり方について : 海外事例を参考に (特集 雇用によらない働き方の現状と課題)」(労働法律旬報、2019年2月)
「Destructive Impacts of the Use of ICT and the Independent Work Outside the Employment Relation」(日本労働社会学会年報、2018年)
「『ギグエコノミー』がはらむ労働・雇用の法的問題」(経済、2018年9月)
「ライドシェアを通して見るシェアリングエコノミーの問題」(労働調査、2018年8月)
「ウーバーイーツの労働実態について」(季刊労働者の権利、2018年)
「特集 『シェアリングエコノミー』その裏で起きていること」(週刊金曜日、2018年2月)
「シェアリング・エコノミーに関する法的課題」(ビジネス・レーバー・トレンド、2017年12月 )

使用言語

日本語 英語 フランス語 ザルマ語